感覚文法

もう怖くない把構文の解釈法!!把構文をやっつけろ!

文法、覚えられますか?
僕は無理です。

把構文… 頭が痛くなります。
なんだそれ、言葉ってそういうものだっけ?

覚えて使おうなんて本当に無理です。
とっさの会話の時にはほとんど文法も考えずに脳裏に表出した言葉を話しています。(下手です)
なぜ話せているのか分からなくなる時がありますが、話せています。文法のキレイさは無視ですが…

ところで、”把”をどのように理解しているでしょうか?
読んだりするとき一瞬戸惑いませんか?僕はかなり戸惑います。

この”把”一言でいえば「を」として考えましょう。
もちろん把構文的な使い方の時だけです。
中国人にとって言葉はすべては柄のついたものと思っているのか、しょっちゅう”把”をつけたがります。
中国語は柄がついているとしてとらえましょう笑

それでは例文です。

我把这本书给你
私はこの本をあなたに渡す

请把盐给我
塩を取ってください

怎么把作文写好?
どうやって作文を上手に書きますか?

你把房间打扫一下吧!
部屋を掃除しなさいよ!

把眼睛闭上,调整呼吸
目を閉じて、呼吸を整えて

こんな具合でしょうかね。
でも驚くべきことに”把”は<動詞>です!

うああああああ、意味わかんねー。もう知らないーーーーーーーーー!

というわけで、超適当に「を」として使っちゃいましょうよ!どうでしょうか。

 

こちらクイズ形式のミニアプリです。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓