○○の言い方

中国語で「フラれた」はどうやって言う?「フラれる」の言い方2つ

フラれた状況

日本語でフラれたといえば一つだけですが、中国語では二つあります。

フラれる状況として
1.告白したらフラれた
2.恋人にフラれた

中国語では上記の2パターンで言い方が違います。

告白したらフラれた「拒绝」

我曾经喜欢过她(他),告白被拒绝了
wǒ céngjīng xǐhuānguò tā, gàobái bèi jùjuéle
私は前から好きだった子に告白したがフラれた

ただこの言い方、ちょっと違和感があるそうです。(頑張って作ったのに…)
というのは中国では「告白する」というのを「表白【Biǎobái】」と言うからです。

あるあるなんですけど、日本語の中には中国のふるーい言葉が生きてるんですね。たとえば、「先生【Xiānshēng】」という言葉、これは今では「~さん(男性)」という敬称になってしまっているのですが、昔は普通に”教師”の意味でした。昔というか50年前まで「先生」は”教師”という意味でした。

それで、「告白【Gàobái】」が昔は普通にいわゆる「愛を打ち明ける」という意味でつかわれていたか、というと、保証はないですが、その類だと思います

では、今らしい言い方「表白【Biǎobái】」を用いて言う場合の言い方を書きます。

1. 我曾经喜欢过她(他),表白被拒绝了
【Wǒ céngjīng xǐhuānguò tā, biǎobái bèi jùjuéle】
私は前から好きだった子に告白したがフラれた。

意味は同じです。「告白」を「表白」に置き換えました。
これでも若干不自然とのことです。前から好きだったことを強調しようとして変になってしまったようです。

 

次の言い方が最も自然なようです。あえて前から好きだったことを強調しています。
簡単に言いたい場合は3番目の言い方でOKです。

2. 我一直以来都很喜欢的女孩子表白了,但是被拒绝了。
【Wǒ yìzhí yǐlái dōu hěn xǐhuān de nǚ hái zǐ biǎobáile, dànshì bèi jùjuéle.】
私は前からずっと好きだった女の子に告白したがフラれた。
※一直の【yì】 は4声です。

もちろん「男孩子」でもOKです。

3. 我曾经向她表白过,但是被拒绝了
【Wǒ céngjīng xiàng tā biǎobáiguò, dànshì bèi jùjuéle】
私は彼女に告白したがフラれた。

「向」を入れることで、彼女を強調した形です。この場合の「曾经」は「表白」に係っているので、「告白した」というだけです。

降られてばかりですね。なんか悲しい…まさに蓝瘦香菇ですね。

蓝瘦香菇の意味は?中国で爆発的人気になった「青キノコ君」の現在彼をもう結婚していた!?你好朋友们!我是菠菜星人。我们一起学习中文吧!さて、蓝瘦香菇の意味について解説するとともに伝説の青キノコ君のその後を記事にしたいと思います。ついでに青キノコ君を題材に中国語も勉強していきましょう!...

拒絶という文字を使うので日本語ではやたらと固い言い方になってしまいますが、中国語ではかなりラフに使います。

デートに誘ったらフラれたとか、食事に誘ったらフラれたとか簡単なことでも「拒絶」を使います。

例を示します。
先に中国語らしくない言い方、つまり日本人訛りを紹介します。日本人ってデートでも食事でも「誘う」を使いますよね。「誘う」は「邀请【Yāoqǐng】」です。

我邀请她约会但是被拒绝了
【Wǒ yāoqǐng tā yuēhuì dànshì bèi jùjuéle】
デートに誘ったらフラれた

すこし、違和感や固さを感じるそうですが、まぁ、我々外国人ですし、これくらいはいいかなと思いあえて紹介しました。この「邀请」は非常に便利ですから「约会」を「吃饭」に置き換えれば「食事に誘った」に早変わりです。

意味が分かればいいと思う方はこれで十分伝わります。

 

次に中国人らしい口語的で簡単な言い方は以下です。

我约了她但是被拒绝了
【Wǒ yuēle tā dànshì bèi jùjuéle】
彼女をデートに誘ったら、フラれたよ

中国人としか思えない言い方になります。

このように「拒絶」は「断られた」と全く同じ意味として使われます。

文のようにデートの誘いや、ご飯の誘いでも使います。異性に対しての方が自然なので極力異性に使うのがいいと思います。

もちろん「拒絶、拒否」のように固い言い方でも使います。

後半長くなってしまいましたが、「告白したらフラれた」の時の「フラれた」は「拒絶を使います。」

恋人にフラれた「甩」

「甩【Shuǎi】」?なんだこの字。って言うような字ですね。「用」にしっぽが生えたような、なんか怖いという印象を受けました。

日本人にとってなじみが全然ないですが、「ふりまわす」という意味があるそうです。

音読みで「シュツ」と言うそうです。振り回すときは「シュっする」と言えばなんか趣のあるブン回しの表現になるでしょう。(おそらく誰も使っていないし、そもそもそんな言葉ない)

でも、そうやって漢字の音読みを日本語化していく過程で古代以降の日本語が出来上がったことを考えると、これはこれで正しい日本語となるんでしょうか。


出典:https://ja.wiktionary.org/wiki/%E7%94%A9

では「恋人にフラれた」と言いたいときの例を示します。

我被他甩了。
【Wǒ bèi tā shuǎile.】
彼にフラれた

単純です。

我被男朋友甩了很难受。
【Wǒ bèi nán péngyǒu shuǎile hěn nánshòu.】
彼氏にフラれてつらい

こんな時は「蓝瘦香菇」と言いましょう。

蓝瘦香菇の意味は?中国で爆発的人気になった「青キノコ君」の現在彼をもう結婚していた!?你好朋友们!我是菠菜星人。我们一起学习中文吧!さて、蓝瘦香菇の意味について解説するとともに伝説の青キノコ君のその後を記事にしたいと思います。ついでに青キノコ君を題材に中国語も勉強していきましょう!...

「甩(Shuǎi)」の他の意味

放り出す、投げるという意味があります。

その中で「甩(Shuǎi)」をよく表している単語が、セールという意味の「甩卖【Shuǎimài】」

大甩卖大甩卖!各色物品只要十元!
【Dà shuǎimài dà shuǎimài! Gèsè wùpǐn zhǐyào shí yuán!】
大売出し、大売出しだよ!これら商品すべてたったの10元だよ!

「投げ売り」っていうことなんでしょうか。「大セール」という言葉よりもやたらと現実味がありますね。在庫処分のにおいがします。

你甩掉了假面具
【Nǐ shuǎile diào jiǎmiànjù】
君は仮面を外した

「甩掉」はこんなイメージか

他甩了○○
【Tā shuǎile】
彼は○○を投げた

投げるの表現であまり使われないようです。

最後に

日本語では「フラれる」という様に一つの言葉で言い表してしまいますが、中国語では別々に分けています。こういうことはお互いによくあることですが、日本語はひとつだけど、中国語は何個もあるということの方が多い気がします。

言い方の多さが何かその言葉に対するその国の想いの入り方を表しているように感じます。

 

こちらクイズ形式のミニアプリです。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓