コラム

【動画あり】中国映画「初恋のきた道」から中国語を学ぼう

あらすじ

この物語は年老いた老婆”ディ”の初恋の物語で、都会に住む息子が父の訃報を聞き田舎へ帰ってくる。老婆は息子に村の風習通り夫を担いで墓まで遺体を担いで行き埋葬すると言うが、村には老人と子供しかおらず息子が人手が足りないので止めてほしいと頼むが、老婆はかたくなにそれを拒否する。

老婆は息子の心配をよそに夫の遺体をくるむための白い布を手動の機織り機で織り出し、徹夜してでも葬儀に間に合わせると言う。

困った息子は母である老婆の部屋で休んでいると、ある一枚の写真が目に留まる。そこには若いころの両親が写っている。そこからこの老婆による村を巻き込んでの恋愛騒動の物語が始まる。

ヒロインのディがまだ18歳だったころ村では初めて小学校教師がやってきた。教師は都会のインテリで若くまだ20歳だった。

お互いに一目ぼれであったがディの目線で物語が展開され、ディは毎日、教師が国語を教えている時間の朗読の時の教師の声がが好きで毎日通ったり、先生に会うために遠くの井戸に水を汲みに行くのが日課になっていた。

二人は次第に惹かれていき恋愛が順調かに見えたが、文化大革命の混乱に巻き込まれ、小学生教師は街へ帰ることとなった。

悲しみに暮れるディだったが、その後も小学生教師を執念で待ち続け、小学生教師が村へやってきた道で彼をずっと待つのであった。

感想

この映画のファンも多いですね。我的父亲母亲(私の父さん母さん)という原題なので、描きたいのは家族愛なのかもしれないと思いきや恋愛映画です。でも妙に深い、後々あれはなぜあんなふうだったんだろう?と考えさせられる映画になっていると思います。

物語が進んでいくとヒロインのディがどうしても自分でちゃんと埋葬したいという頑なな気持ちがだんだんわかってきて、ディの性格と執念に心打たれ、意味の分からないシーンで泣けてくる。

特にディが走るシーンは切なくて辛い。楽しそうにしててもモコモコの格好で、ぎこちなく走るのでその姿がいたたまれなくなってくる。

張芸謀の演出は本当にすごいなと思いました。これがチャン・ツィイーの初出演作品というからすごいですよね。彼女は見るからに都会的な顔立ちなのに映画の中では見事に田舎娘になっていました。張芸謀はすごい俳優を発掘しました。

夫のディに惹かれていく小学生教師に感情移入する場面もなくはないのですが、ディが自分の妹のように思えてきてむしろディのほうに感情が持ってかれて切なくなってきます。世の中の大きな動きが村で起きてる小さな恋愛を引き裂かれていこうとするのも、やるせなくなっていき二人がどうにかうまくいってほしいと願うようになった。

小さな恋愛と言っても村を巻き込んでるのでそのあたりも見どころです。中国人の恋愛や結婚に対する価値観を知るにも良い教材だとおもいます。

惜しまれるのはセリフが異常に少ないというところです。そこがこの映画のいいところなのかもしれませんが、中国語を聞きたい側からすると残念です。

チャン・ツィイーの発音はすごく聞き取りやすくて声もいいのでもっと喋ってほしいと思って見ていました。

別れの会話シーンから中国語をリスニング

この映画では二人の会話シーンは少ないです。その中でも長い会話をする別れの会話シーンがありますので、別れの会話シーンを抜粋して動画を作りました。

二分以降にディのセリフをアテレコできるように音声をカットした映像を作成しました。中国語字幕を動画のメニューから出すことができますので活用してください。アテレコをするなどのシャドウイングは言語習得に非常に効果的と言われています。

会話シーンのセリフと日本語の翻訳は下に書いています。

「回来(Huílái)」という言葉が非常に多い映画ですね。「回来(Huílái)」を聞くための映画じゃないかと思えるくらいです。


再生メニューから字幕を出すことができます。
字幕で儿の部分が起こしきれてない部分がありますがご容赦ください。

 

こちらクイズ形式のミニアプリです。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

セリフ

をディのセリフにして分けました。

我来跟你说一声,我要走了
Wǒ lái gēn nǐ shuō yīshēng, wǒ yào zǒule

走?走哪儿?
zǒu? Zǒu nǎ’er?

我回县里面儿
Wǒ huí xiàn lǐmiàn er


啥事儿这么急?
shà shì er zhème jí?

没啥事
Méi shà shì

我在井台上看到他跟你吵架了
wǒ zài jǐngtái shàng kàn dào tā gēn nǐ chǎojiàle

是他叫你回去的?
shì tā jiào nǐ huíqù de?

他是谁?你回去干啥?
Tā shì shéi? Nǐ huíqù gàn shà?

真没啥事,他们是有事问我
Zhēn méi shà shì, tāmen shì yǒushì wèn wǒ

问完了就没事了
wèn wánliǎo jiù méishìle

那在这儿不能问?
nà zài zhè’er bùnéng wèn?

他做不了主
Tā zuò bùliǎo zhǔ

那你还回来吗?
nà nǐ hái huílái ma?

回来,我一定回来
Huílái, wǒ yīdìng huílái

学生们等我上课呢
xuéshēngmen děng wǒ shàngkè ne


那你啥时回来?
nà nǐ shà shí huílái?

最晚腊月初八我一定回来
Zuì wǎn làyuè chū bā wǒ yīdìng huílái

腊月初九学生放假
làyuè chū jiǔ xuéshēng fàngjià

我得在放假前回来
wǒ dé zài fàngjià qián huílái

进屋吃饺子吧
jìn wū chī jiǎozi ba

饺子恐怕吃不了了
jiǎozi kǒngpà chī bùliǎole

还有事儿呢
hái yǒushì er ne

你和你娘就别等了
nǐ hé nǐ niáng jiù bié děngle

真还有事呢,他等着我呢
zhēn hái yǒushì ne, tā děngzhe wǒ ne

那你招呼他一块儿来吃吧
nà nǐ zhāohū tā yīkuài er lái chī ba

啥要紧事也得先吃饭啊
shà yàojǐn shì yě dé xiān chīfàn a

行,我来吃
xíng, wǒ lái chī

那我等着你
nà wǒ děngzhe nǐ

这个是我给你买的
zhège shì wǒ gěi nǐ mǎi de

配你那件红衣裳好看
pèi nǐ nà jiàn hóng yīshang hǎokàn

那我等着你
nà wǒ děngzhe nǐ

日本語訳と解説

翻訳文は本編の字幕の抜粋です。

我来跟你说一声,我要走了
【別れを言いに来た】
日本語だと単純ですが、別れるとは直接言ってはいません。「走」は北の方言で「行く」ということを表現しています。

走?走哪儿?
【別れって、どこへ?】
本来であれば「行くってどこへ?」の方が中国語に近いです。北の方言でどこかへ行くことに関しては「走」をよく使うそうです。
普通话では你要去哪儿? OR 你要到哪里去?などが一般的です。一緒に店などを出るときやちょっとそこまで一緒に移動するときに「(我们)走吧」と言ったりしますが、それはあくまでも「行く」ではなく「去る」に近いです。なかなか理解しづらいですが、この場合なら普通话では「去」を使う方が自然です。

我回县里面儿
【町に帰る】
ここでの「儿」は北の方に住む人の方言です。

啥事儿这么急?
【何があったの?】
翻訳として「何があったの?」はよく合っています。北に住む人に多い話し方ですね。啥事=什么事で、さらに「儿」を付けることで田舎っぽさが出ているととらえることもできます。直訳の意味は「何があったの?そんなに急いで」ということです。

没啥事
【何でもない】

我在井台上看到他跟你吵架了

【さっき男の人とケンカしてたでしょ】
「在井台上」があるので井戸で見たことを含めています。

是他叫你回去的?
【】
ここは翻訳がありません。「ケンカした男に帰らされるんでしょ?」と聞いています。

他是谁?你回去干啥?
【あの人、誰なの?】
「你回去干啥?」の翻訳は省略されていますね。「あなたは帰って何するの?」という意味です。

真没啥事,他们是有事问我
【聞きたいことがあるらしい】
「真没啥事」と言って本当に何でもないとしきりに言っていますね。

问完了就没事了
【】
翻訳がありません。「聞きたいことを聞いたら終わりだ」と言っています。

那在这儿不能问?
【なら、ここで】
「那」が日本語の「なら」によく似ていますね。「那」は「あれ」という意味ですが、「それ」という時にも使います。「那」という音は何となく日本人の感覚にスッと入ってくる気がします。「那就好了」は「なら良かった」という意味ですが、なんかスッと入ってきますね。
ここでの直訳は「ならここで聞けない?」という疑問文で、「吗」などの疑問詞がついていないパターンです。

他做不了主
【彼は使いだ】
「做主(一存で決める、責任を持って決める)」という言い回しに「不了」が付いている形です。ですから、「彼は自分の一存で決められない」つまり、「彼は使いだ」という翻訳になります。

那你还回来吗?
【帰ってくる?】
直訳すると「なら、また帰ってくる?」ですよね。でも考え抜いてこの「帰ってくる?」という翻訳にしたのだと思います。「帰ってくる?」という方が切ないです。

回来,我一定回来
【もちろんさ】
セリフの中国語とは全く違いますが会話としては成立しています。実際には「帰るよ、必ず帰る」と言っています。

学生们等我上课呢
【授業がある】
実際には「生徒たちが私の授業を待っている」と言っています。

那你啥时回来?
【いつ帰る?】
翻訳の通りですね。

最晚腊月初八我一定回来
【旧暦12月8日には】
「最晚」は「遅くとも」は「腊月初」は「旧暦の12月上旬」最近では中国も祝日以外には旧暦を使わなくなってきましたが、当時はメジャーな表現だったのかもしれません。今でも中国人は自分の誕生日や記念日は旧暦を把握していたりします。毎年変わってしまいますが、毎年きちんとチェックする人もいるようです。

腊月初九学生放假
【】
翻訳がありません。
「旧暦12月9日から生徒は休みになる」と言っています。

我得在放假前回来
【冬休みになる前に】
実際には「冬休みになる前には帰らなきゃならない」と言っています。ディのために帰るのではなく生徒のために帰ってくると捉えられますが、なぜ生徒が冬休みになる前に帰らなければならないのでしょうか?むしろ冬休みが終わるまでには帰らなければなりません。ちょっと不思議な会話です。「得dei」があるので「~なければならない」ということなのですが…僕の解釈が間違っているかもしれません。

进屋吃饺子吧
【餃子は?】
「进屋」があるので、「中へ入って(ゆっくり)餃子を食べていくでしょ」というニュアンスがあります。ディはどうしてもこの日が楽しみだったから一緒に過ごしたいという気持ちが表れています。

饺子恐怕吃不了了
【食べられそうにない】
「恐らく食べられそうにない」とやんわり断っています。この時の気持ちはどうだったのでしょうか。本当に時間がなかったのかもしれません。ディが言うように「中へ入って食べろ」と言っているのでそこまでの時間はないということですね。迎えの人に無理を言って待たせている様子がうかがえます。ディは餃子を食べさせたい気持ちも強いのに、この二人はこの時点でかなりすれ違っています。

还有事儿呢
【支度もあるし】
「まだ用もある」と言っています。

你和你娘就别等了
【】翻訳がありません。
「君も君のお母さんも僕を待たないでほしい」と言っています。餃子を食べる件を断っています。母親を気遣う様子もあります。

真还有事呢,他等着我呢
【彼が待っているんだ】
「本当にまだ用があるし、彼が待っている」と言っています。この時点で何かただ事では無いことが起きていて、ディを巻き込みたくないという見方もできます。

那你招呼他一块儿来吃吧
【あの人も呼んで一緒に食べたら】
翻訳の通りです。
ディはほとんど呑気な感じです。二人の間の状況に温度差があるのが切ないです。

啥要紧事也得先吃饭啊
【】翻訳がありません。
「何があってもまずご飯を食べなきゃ」という翻訳になります。呑気ですね。でも事情を知らないのであらゆる方法でディは先生を引き止めます。

ちなみに「啊」の部分が「呢」に聞こえてしまいますが、「啊」で問題ないです。というのは、「吃饭」の後に「啊」を入れると「呢」みたいになってしまうので、日本人の我々からすると難しいですが、そういうことです。

行,我来吃
【そうしよう】翻訳の通りです。
「行」と言う時には基本的に気が進まない、相手の条件を飲むようなニュアンスがあります。

那我等着你

【待ってる】翻訳の通りです。

这个是我给你买的
【君のために買った】翻訳の通りです。

配你那件红衣裳好看
【赤い服に合うよ】
翻訳の通りですが、「好看(ハオカン)」出ましたね。「好看」は映画、漫画、見て面白いものは何でも「好看」、きれいな景色を見ても「好看」、容姿をほめる時も「好看」。

すべてほとんど「好看」済みます。逆に「难看(ナンカン)」は真逆の便利な言葉です。女性に「难看(ナンカン)」と言ったら命はないと思います。それくらい強い言葉です。日本語で言えば「ブス」と言ってるだけです。「漂亮(ピャオリャン)」ももちろん「きれい」という意味ですし大丈夫ですが、面白い映画を見たときには言うことはできません。


那我等着你

【待ってる】翻訳の通りです。

最後に

ただただこの別れのシーンは切ないですね。髪飾りを渡すシーンで泣けてきます。「那我等着你」と何度も言うところが悲しいです。個人的にはそこまで感動はしなかったものの所々で泣けるシーンがあって切なくなります。最後はディは根性で先生を待つシーンが続き中国人の根底の根性を理解することができます。この別れのシーンでディが食い下がるところも中国人らしい気質と言えます。