感覚文法

「会~的」をもっと直感的に理解したい人のために”的”を「~だから」としてみる

上海

結局この話になりますね。
以前も「不会~的」という構文があると言ってたんですが、普通にありますね「会~的」構文。

いや、でも構文を覚えるアプローチで学習するのは僕には困難ですので、感覚を研ぎ澄ませながら教科書や辞書に書いてあることは参考程度にして実際に中国の方に聞いた情報や、あらゆることを総合して独自の見解を導いて中国語を考えるのが大好きな私です。

はい。

では、「会~的」をどう考えるかですよね。
”会”は以前にも書いた通り、未来のニュアンスがあります。近い未来にそれは実行されるというイメージです。

他会回来的。
彼は帰ってくる

”的”は一体何をしている?

”的”は「~だから」、「~から」をしています。

え?

まぁ教科書的に言えば”会 的”構文は「~はずだ」という文章を生成すると言います。でもなんかつまらないですね。しかもわからない。というか腑に落ちない。

だから僕は”的”を直感的に老师監修のもと「~から」という日本語の口語的表現と結びつけることで”他会来的。”の微妙なニュアンスが分かった。

”他会来的。”はすなわち「彼は帰ってくるから」である。

つまり話者が推測して期待して話している。その未来が欲しいという願いもニュアンスとして含むから”的”を言いたくなる。お分かりの通りこの場合の”的”は”你的杯子呢”の”的”とは全くの別物でむしろ”呢”のほうが近いというか完全に語気助詞的役割をしている。そして”呢”ぐらい重要で意味の濃い語気助詞なので”啊”みたいにあってもなくてもいいなんてもんじゃなく、ないと気持ち悪い語気助詞なのだ。

なんかダジャレを一個思いついたけど絶対面白くないので止めます。

はい

それではもはや”的”という漢字は無視して音を捉え「de」としてみよう。

するともう一つ期待を込めていう言葉があるはずだ。

そうだ「~んだ」だ。「んだ」があるんだ。だから音も似てるんだ。”他会来的”は「彼は戻ってくるんだ」という風にも訳せるんだ!!

すみません。