コラム

片手でiPhone/Androidで中国語を高速入力するキーボード設定と使い方【動画解説付き】

お急ぎの方は動画をご覧ください

内容は4分程度です。文字や画像では解説しにくいので動画にしました。

「10キー入力法」や「九宫格输入法」などと呼ばれるものです。

筆画ではなくローマ字入力なので覚えやすいです。

(注意)初期設定だと低画質で見にくいので再生メニューから画質を上げるとより見やすくなります


【進行】
設定方法→入力の仕方の説明→ブログの紹介

【キーボード設定方法】
iPhoneの設定>一般>キーボード>キーボード>新しいキーボードの追加>中国語(簡体字)>拼音-10キーをチェック

※解説のためあえてゆっくり入力しています。実はもう少し速く入力できます。速く入力しているところを見せたかったのですがスマホをテーブルに置いて入力しながら撮影していたので見せることができませんでした。しばらく我慢して使っていると高速入力できるようになるはずです。

中国語も片手入力がしたい!

僕はiPhoneで日本語入力する時にはいつも片手でフリック入力を使っています。もう10年近くになりますが、一度覚えてからはパソコンと大差ないくらいのスピードで入力できます。それも今のスピードで入力できるようになったのはフリック入力に切り替えてから1か月程度でした。

大体の人がガラケーから切り替えてフリック入力を見つけて1か月ほどでマスターして、今に至るという人がほとんどでしょう。

ただし、日本語だけの話ですね!

僕が中国語を学び始めてスマホで中文を入力するようになってからすぐに思ったのは「片手で入力する方法はないんかい!!」でした。僕は当時iPhoneのQWERTYキーで指先でプチプチとピンインを入力して中国語を入力していました。誤入力が頻発してイライラする日々でした。

あまりにもその入力法がカッコ悪いので、中国人の友達に片手で入力できないのか尋ねました。その時は「ない」と言われ本当に残念な気持ちでした。僕はこの時「せっかちで無駄が大嫌いな中国人がなぜ皆でプチプチキーボード入力してるんだよ…」と半ば怒っていました(笑)

スマートフォンなのでカッコいい入力法があるはずだとつねづね考えていました。本当はいろいろ試してみれば良いだけだったんですがね…

ついに発見!カッコいい入力法

それは中国語で九宫格输入法といいます。

ある日、中国での出来事です。友達と夕飯を食べることになって彼がスマホで近くにおいしいお店をがないか調べてくれた時のことです。何気なくスマホを使っている友達の手元を見ていたら「ダダダダダダダダダダダダダダダ(光の速度で見えない)」と文字入力しているのを発見!

僕「ちょっとまって!なにそれ!怖い怖い怖い怖い!!(笑)」
友達「なに?」
僕「ちょっと、ゆっくりやってそれ」
友達「なにがゆっくり?」
僕「入力!入力!!」
友達「何が知りたい?」
僕「お願いします。文字をただ入力してくださいお願いします」
友達「・・・・」

中国人の友達に教えてもらった時は衝撃でした。

そのあと僕は一日中彼にありがとうと言い続けていました。

言葉では説明ができないので動画を作りましたのでご覧ください。設定方法のさらに下の方に動画があります。

10キー入力法(九宫格输入法)の設定方法

iPhoneの設定画面を開いてください。

一般を選択
設定方法

キーボードを選択
設定方法

もう一度キーボードを選択
設定方法
新しいキーボードの追加を選択
設定方法

中国語(簡体字)を選択
設定方法

拼音-10キーをチェック。完成です。
設定方法

確認してみましょう。10キーしかない場合は九宫格という文字は現れません。簡体字を選びましょう。
設定方法

10キー入力法(九宫格输入法)のやり方(動画)

今回紹介する入力法は「10キー入力法」や「九宫格输入法」などと呼ばれるものです。中国語はローマ字のピンインを入力することで文章を作ることができます。ローマ字の入力を9つのボタンだけを使って文字入力する方法です。

使い方は少し癖がありますが、コツを覚えてしまえば小さなキーボードをプチプチ押す必要もなくなります。慣れてくると高速入力が可能になります。iPhoneでキーボード設定できますので設定方法とその使い方を紹介します。(Androidの方はすみません、画像が手に入り次第アップします。でも入力の仕方は基本的に同じなのでiPhoneのやり方でも互換性がありますのでAndroidの方も是非ご覧ください。)

内容は4分程度です。文字や画像では解説しにくいので動画にしました。

(注意)初期設定だと低画質で見にくいので再生メニューから画質を上げるとより見やすくなります


【進行】
設定方法→入力の仕方の説明→ブログの紹介

【キーボード設定方法】
iPhoneの設定>一般>キーボード>キーボード>新しいキーボードの追加>中国語(簡体字)>拼音-10キーをチェック

※解説のためあえてゆっくり入力しています。実はもう少し速く入力できます。速く入力しているところを見せたかったのですがスマホをテーブルに置いて入力しながら撮影していたので見せることができませんでした。しばらく我慢して使っていると高速入力できるようになるはずです。

最後に

よくよく百度で調べてみると、QWERTY入力法の方が若い人に支持されているようにも見えます。00后の人はQWERTY入力法、90后は九宫格输入法が多いそうです。九宫格输入法はガラケー時代からあったそうで、90后にとってなじみ深いのかもしれません。

しかし、個人的には片手入力できるし、九宫格输入法の方がカッコよく見えるので僕はこちらで入力しています。QWERTY入力法と九宫格输入法の速度を比較すると大きな差はないようです。慣れの問題かもしれません。百度に落ちてる比較動画を見ましたが友達の入力スピードは比較にならないくらい速かったです。ですから当てになりません。僕は慣れたら九宫格输入法の方が早いんじゃないかなぁと思います。

 

こちらクイズ形式のミニアプリです。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓