感覚文法

”看起来”と”看上去”の違いとは

ちょうちんの画像

”看起来”と”看上去”はもうタイトルの通り全く同じ意味だからもう悩まなくていいと思います。使い方も全く同じでどちらがフォーマルかということもありません。どちらも普通话です。”看上去”は若干南方人が使うかもしれませんが、我々日本人はこの二つの意味を全く同じであり、使うときは好きなほうで構わないことを知っておけば十分です。

”看起来”と”看上去”は全く同じ使い方です。主語さえ気を付ければどんなことを入れても大丈夫です。「~のようにみえる」なんて言葉とにかくよく使う言葉ですよね。

主語は対象を持ってくる必要があります。

他看起来女生(他看上去女生)
彼は女性みたいに見える

你看起来很聪明(你看上去很聪明)
君は賢そうに見える

なんでもいいです。
日本語で不自然でない限りなんでもできます。

自分を言いたいときには主語を”我”にすれば「私は~ようにみられる」という風に言うことができる

我看起来老(我看上去老)
私は老けて見られる

我看起来很年轻(我看上去很年轻)
私は若く見られる

日本語ではあえて受け身の文で書くけれども、中国語では受け身で表現する必要がない。

「私は何歳にみえる?」なんてのも”看起来”と”看上去”で表現できる。とにかく日本語で表現できる「~にみえる」のすべてが表現できると言ってもいい。我看上去很笨吗?みたいに。”我看上去几岁?”と言えば答えてくれる。僕なら内心めんどくさいなと思ってしまうが、中国人なら爽やかに対応してくれるだろう笑

我看上去很笨吗?
僕が馬鹿に見える?

你看起来很聪明啊。
君は賢そうに見えるよ。

这个看上去真好吃
これは本当においしそうに見える。

でもやっぱりどうしても気持ち悪い。
日本語なら「これは本当においしそうに見える」なら簡単に「私はおいしそうに見える」でいいなので、中国語でも違和感なく言いたいなら少し余分な感じがあるが、”我觉得”をつけて言うのがいいかもしれない。基本的には我觉得,你觉得が省略されていると思って問題ない。

習うより慣れろなので、文法なんかほっといていろんなものや人を何に見えるか例えてみると相当上達しますよ!!というか中国の人と”看起来”と”看上去”を使った話をしていると盛り上がります。

どちらか好きなほうでいいので機会があれば使ってみてください。

中国語を覚えたい方

単語をすこしづつでも覚えるのが良いと思います。あとは雰囲気を掴むためにドラマをみてセリフを真似してみたり。

私も自分の記事を見直したり、暗記したり、シャドウイングしたり、中国のドラマをみたりして少しづつ勉強しています。

 

こちらクイズ形式のミニアプリです。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓