コラム

中国語の方言は沖縄方言以上、韓国語未満

女性の画像

中国語は方言が非常に多いです。方言どころか別言語です。
私の老师は南方人ですが、普通话もしっかり勉強しています。

勉強なければ普通话を話すことができません。日本語を勉強した中国人は口をそろえて言います。「日本語の標準語は本当に標準語だよ」と。中国では標準語を勉強してもどうしても訛ってしまうし、訛り方が日本語の比じゃありません。

上海系の方言を普段使うそうなのですが、聞いてみると別言語です笑

例えば、”我喜欢你”は、「んぅふしの nv fu xi no」ってな感じです。まったくわかりませんが、発音は非常にしやすく日本人に優しいです。

北方人は”儿”が大好きで”下班”すら”下班儿”です。
逆に南方人は”儿”が苦手なので”这儿,哪儿”などは”这里,哪里”と言いがちです。というか、けして”这儿,哪儿”などとは言いません。どちらかというと”这儿,哪儿”のほうが普通话寄りですが、”这里,哪里”も正式な普通话です。という主張です。でも北の人も”跳下去”を「tioa er qu 」sh音をはっきり言わないというか、”一下”を「イーハ」と言っている人もいるし、南方人は”吃饭”は「ツーファン」だし、台湾人なんて”是”とか”十”が発音できないのでわかりづらくて仕方がないそれは南方人も同じだ。

日本語というのは方言による差異を感じるほど方言が標準語から離れていないため、テレビなどで話されてる言語がほぼ変わらない形で日常会話にも出てきます。。中国ではそうではないため、字幕を常につける必要があるほど、バラバラの強い方言を使っています。日本語で言えば沖縄弁以上韓国語未満みたいな感じです。はっきり言って別の地方の人には到底理解できない方言を方言としています。

じゃあ方言の多さから普通话が多種多様になっているこの現状をどういうふうに向き合って学習をしたらいいか迷ったとしたら、それはあなたの好きなやり方でいいと思います。そのあなたの独特の訛りはまたもう一つの方言という考え方もできます。日本人訛り+どこどこ人訛りの普通话として独自の方言と主張してしまうことで迷っている無駄な時間を乗り切ってしまったほうがいいと僕は思います。