○○の言い方

「我给你×××」でたくさんのこと表現できますね

コップ女性

”我给你~”は「~してあげる」の意味ですが、非常に簡単なようで難しくなかなか馴染むことができません。

例えば日本語で「電話してあげる」これも”我给你打电话”です。
簡単な例をいくつかあげましょう。いつしてあげるのかよく言うので時間詞を入れてあげるとスムーズです。時間詞の場所は主語の直前でも直後でもどちらでもOKです。

下次我给你吃
今度食べさせてあげる

我明天给你看
明日見せてあげるよ

我给你帮忙
手伝ってあげる

我给你倒
よそってあげるよ

你来日本我给你买
日本に来たら買ってあげる

何か贈り物をするときは”我送给你~”でいいと思うんですが、動作をしてあげるときは”我给你~”でたいていのことが表現できます。”我给你(動詞、動作)”を入れれば言葉は完成します。

”我帮你~”の表現はご存知ですか?
こちらもご確認ください。【”我帮你~~”というのは助けるんじゃなくて「私が代わりに~~」という感じ】こちらも私がやってあげるという表現とよく似ていますが、ちょっと違いますね。

資料
”我帮你~~”の使い方とその意味代わりにしてほしいことがあったら簡単に”你帮我××”でいいです。助けてほしいというよりは「××してくれる?」そんな感じですね。 例えば...

そんなわけで、”我给你~”と”我帮你~”を使って本当にたくさんのことが言えるし、コミュニケーションも楽しくなるのでぜひ間違っててもいいのでネイティブの方と会話しまくってみましょう。